〈前へ〉 〈次へ〉 〈戻る〉

この絵は、遺跡への憧れと言いますか、
消えていくものへの想いを込めて描き始めました。
最初の頃はもう少し毒のある絵を目指していた
ように思うのですけど、
最終的にはこの形になりました。

『色鉛筆画メニュー』に戻ります。