〈前へ〉 〈次へ〉 〈戻る〉

今回は、色鉛筆画においての抽象的表現を追求していく為のとっかかり、
そういうものが掴めると良いなあと思いつつ制作してみました。

中心の人物(ディフォルメされたキャラクター)で左側の金髪の男の子は、
いわゆる美形とかそういう方向では無くて、クセがあって魅力的、POPな雰囲気、
そういうのを検討しながらデザインを考えました。

2015年3月30日

『色鉛筆画メニュー』に戻ります。