〈前へ〉 〈次へ〉 〈戻る〉

今回は、小品として部屋に飾りやすいものを検討してみる為に描いてみました。
童話的なファンタジーをイメージしつつ、見易さと情報量のバランスも考えつつ制作しました。

『ペン画ギャラリー2』に戻ります。