〈前へ〉 〈次へ〉 〈戻る〉

この絵は、僕のパソコンやデジタルに感じる事を、良いも悪いも、好みも好みで無いものも
なるべく含めて描こうと思いました。

今までにパソコンを何台か使ってきたのですけど、
使っている内にいつしかクセみたいなものがあるなあとか、
まるで人間みたいに勘違いとかしたりもするなあとか思ったりもしていました。

ネットやSNSでは、何となく感情や感覚が欠落した・・・これは必ずしも否定的な事を言いたいのでは無くて、
相手の顔が見えないとか、文字以外の情報(声色とか表情とか)が読み取れないとか、
そういう意味も含みます。
僕自身も、ネットで文章やコメントを書く時は、全く推敲せずに文章やコメントを書くという事は、
まあありませんので、これも言葉に出す即効性のような正直さは無いと言えますしね。

昔のアニメで見ていた頃は、ネット的な仮想空間の世界を、その想像力の世界を楽しんでいたのですけど、
最近は結構、そういう人間にとっての、『第2の世界』や『デジタル的な新しい何か』が
生まれてくる感じを受けていたりもします。



『ペン画ギャラリー2』に戻ります。