〈前へ〉 〈次へ〉 〈戻る〉

都会でお買い物をする時、画材は当然見に行ったりしますけど、
ここ最近は、それとは別に文房具やインテリアや雑貨なども見たりしています。
そうしている内に、『現実から想像へと拡張していく道具や過程』
というものを描いてみたくなりました。

今回は、最初の下描きの時点では、比較的リアルに手とか筆とか本を描いていました。
そしてその上に想像力を刺激するように、抽象的な下描きをして、ペン入れをしていきました。

2015年7月12日

『ペン画ギャラリー2』に戻ります。